無料でセレブ旅行に行く方法


2018年06月29日

火野正平とうちゃこ日記(729)蔵出しスペシャル 2015年春の旅 栃木 BS日本縦断こころ旅


寒河江幹です。

今週の蔵出しスペシャルは「2015年春の旅」です。今日は栃木。

437日目 【みょうけんさんと三養會(さんようかい)】日光市

渡良瀬渓谷鉄道の「本宿(もとじゅく)駅」にいます。
渡良瀬川が見下ろせるところにある桐生市にある駅です。
一両の列車に乗ると「あら火野正平さん」とおば様方の声がうるさい。
売り子の若い女性が来ました。正平さん、かわりに売ってあげます。

昼食です。ウナギの川本。鳥丼を注文。「う〜ん、うめえ」

遠下に入ります。神社の前の説明文を読みます。そこには「磐裂(いわさく)神社」と書いてあります。
場所といい狛犬といいここしかないのになぁと不思議に思いもう一度説明文を読むとそこに「妙見」の文字を発見します。

http://poso3545.seesaa.net/article/420424876.html?1530220125

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日光ゆば製造 味付巻ゆば(缶詰15缶)(栃木県産品 日光市)
価格:6020円(税込、送料無料) (2018/6/29時点)




438日目 【稲葉小学校の大きな銀もくせい】壬生町

まず、新栃木駅まで輪行。
「もつやきそばってなんだ」いきなりそこの店主に話しかけています。
とりあえずそこでいただくことにしてドアを開けるとそこにはソファーが。
「いや〜ん、応接間や」奥から呼ばれて「なんだこっちか」
モツとジャガイモが入っている焼きそばです。

麦畑越しに一行が映ります。
「わっ橋だ」途中からのろのろ進みます。「俺がこの番組やめるとするならば、これが原因やな」
橋を渡り終わると「アッ門だ」すぐに目的の稲葉小学校がありました。
小学生に導かれた「銀もくせい」正確には「シキザキヒイラギモクセイ」でした。

http://poso3545.seesaa.net/article/420481951.html?1530220680




439日目 【細谷のお地蔵さんとそこから見える男体山】下野市

おもちゃの町を抜け郊外に出ると、真黄色の花が両側に咲く川沿いの道を行きます。
細谷の集落に入りました。小学校の前で軽トラックで来た方に道を聞きます。
「何の番組ですか?」「あの〜NHKの番組で自転車旅をしている番組です」「地方の番組で火野正平さんが出てるやつあるなぁ」
「私もよく見ているんですけど、今に追い抜こうと思っているんです」このおっさん目の前の人が火野正平とまったく気づきませんでした。

パルム結婚相談所 〜 女性会員比率50%以上 〜 




440日目 【国見峠から眺める風景】那須烏山市

「学生さんだな?栃木の人は結構シャイだな」宇都宮駅前です。正平さんを避けて顔を伏せて皆さん通り過ぎます。
烏山駅まで輪行します。駅の外でBカメが構えています。「ジュンしつこいよ」
坂を下ったところに花畑があります。
「紅・白・ピンク」ポピーの花畑です。

峠を登っています。
「あ〜まっ平らな道が見える。その向こうに泉が見える。誰か手招きしている。あかんおか〜ちゃんや」
グロッキーのようです。
そこへ救いの車がやってきました。
「よかった〜これあがっていくのやだよ」平らなところで降りました。
ミカンの北限、しばらく行くとミカン畑がありそこから山々が見渡せます。「ここだ、とうちゃこ」
山々を見て「まあなんちゅうことない山々だけどな」
そこへ、家からお母さんと若い女性が来ました。
「君、香澄じゃね〜か?」「思っていたよりカワイイ」ここで正平さん俄然ヒートアップします。
香澄さんは信じられないような顔をしています。
隣に座らせてお手紙を読みます。
「今は幸せですか?」コクリと香澄さんは頷きます。「俺は人の幸せ一番悔しい」
といいながら、「最後は香澄のワンショットや」ということで香澄さんのかわいく笑った笑顔が映ります。


http://poso3545.seesaa.net/article/420594174.html?1530222339



posted by 寒河江幹 at 06:48| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無料でセレブ旅行に行く方法