無料でセレブ旅行に行く方法


2015年11月19日

火野正平とうちゃこ日記(205)2015 秋の旅 宮崎県 宮崎市 BS日本縦断こころ旅

寒河江幹です。

2015年 秋の旅をお届けします。

チリンチリン
おはようございます。
チリンチリン
幸せの鐘です。
延岡の愛宕山の展望台にいます。
「キラキラまぶしい」
市内を見下ろせるベンチに座ってお手紙を読みます。

【宮崎空港滑走路端の海岸】宮崎市

私の思い出の場所は、宮崎空港の滑走路近くの砂地の荒れ地に続く滑走路端の海岸です。
高校卒業後、一人航空大学校の寮に入りました。
入学してすぐ近くの尿処理場の匂いを嗅ぎ、路地から松林を抜け飛行機を見上げてパイロットを夢見ていました。
あれから、47年が過ぎまもなく年齢が65歳になり空の世界からリタイアします。
熱い砂地の上をサンダル履きでしたから、砂地があまりにも熱いので小学校以来の頑固な水虫も治り、砂地に生えた浜木綿(はまゆう)の美しさに青春の感動をしたことも鮮明に覚えています。




ダウンジャケットを着ている正平さんにスタッフが、「暑いんじゃないんですか?」と声をかけます。
「着るものあまりないのよ」と言ってそのまま羽織っています。
日豊本線で延岡から佐土原駅まで輪行。
駅前でさっそく昼食にします。
駅前の食堂で、「あら火野正平さん」と言って奥に入ると、奥から4人のおばさんたちが一斉に顔を出します。
奥に一人若い女性が日替わり定食を食べています。
「かっこいいですね」というものだから「それほどでも」と言ってなすカレーを注文した後、その方のテーブルに映ります。
その女性も堂々としたもので、食後正平さんとツーショットの記念撮影。
出発。「あったかい」大きい道から海へでる細い道に入りました。
海沿いの自転車道路に入ると日向灘に出ます。
途中凄い荷物を持った二人のサイクリング車とすれ違います。
防風林が風邪をよけてくれますが「何も見えんな?」
一旦海に出ます。波の音がします。
ダウンの内側は汗でびっしょりです。
「サウナスーツの様で気持ちいいですよ」
またしばらく走ると、松脂を見つけて止まります。
「私のダウンの中はダボダボですよ」
結局着替えました。
大淀川の赤江大橋を渡っていると目の前の上空を飛行機が飛んでいました。
対岸の土手をしばらく走り再び広い道路に出ました。
「航空大学校」発見、ぽっかり浮かんだ空の雲を映します。
まもなくすると航空大学校があり、そこを通り抜け滑走路そばでチャリオを降りて位置を確認しました。
し尿処理場を探します。
「また松や」しばらく行くとし尿処理場は衛生処理センターに変わっていました。
浜に着きました。
草地をしばらく歩き波打ち際に向かいます。
砂地に座って空を見上げます。
パイロットになる夢を見ていた投稿者の様に。
練習機がどんどん飛び立ちます。
再びお手紙を読みました。

JAL機が飛び立ち、岬の先に消えていくのを映します。




パルム結婚相談所 〜 女性会員比率50%以上 〜
【関連する記事】
posted by 寒河江幹 at 03:42| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

無料でセレブ旅行に行く方法