無料でセレブ旅行に行く方法


2015年11月21日

火野正平とうちゃこ日記(207)2015年秋の旅 宮崎 えびの市 BS日本縦断こころ旅

寒河江幹です。

2015年 秋の旅をお届けします。

おはようございます。
都城市、日向前田駅にいます。
かわいい駅で誰もいない、今日はどこへ行くのでしょう。
ホームに座ってお手紙を読みます。

【亀の湯】えびの市

私のこころの風景と湯加減は宮崎温泉郷の中にある亀の湯です。
京町はたくさんの温泉や湯治場があるため父母によく亀の湯に連れていかれました。
当時3〜4歳ぐらいは湯船が深く、よく溺れていました。
湯を家に持って帰って温めて傷口に付けていましたが効いたのかどうかはわかりません。
私が小3〜4年の時、足首を捻挫したときは母が連れ添ってくれて、1日に何度もお湯に入ったのが忘れられません。
亀の湯の道路を挟んだところに湯治宿があったのですが今もあるでしょうか?
正平さんも湯につかり旅の疲れをとってきてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】宮崎ハーブ牛(交雑種) 特上焼肉セット1.5kg
価格:30000円(税込、送料無料) (2017/12/14時点)



吉都線でえびの飯野駅へ輪行。
えびの飯野に下車すると、何やら声援が。
シルバーケアステーション「ほうよう」の2Fから若い女性4名の介護職員が手を振っています。
「空きありますか?」
「お待ちしています」
「そのうち来るから面倒見てね」
しばらくすると2Fから彼女たちが降りてきてサインを求めます。
サインを書き終えてさあ出発という時、ばあさまが正平さんの手を取っていつも見てるからと言っていましたが、いかにも興味なさそうでした。
声援と拍手に送られ出発。
出発したのはいいですが人が歩いていません。
車も通っていません。やっとすれ違いました。
昼食にします。とんかつ「かわむら」。準備中です。
「ごめんください」誰もいない。
しばらくするとおかみさんが来て、マスターの調子が悪いのでお休みだそうです。
別の店を紹介してもらい、下り坂を「下り坂最高」と言いながら快調に飛ばしました。
着いたところは、とんかつ「響」団体が入っていましたが何とかありつけました。
かつ丼を注文。ボリュームのあるかつ丼でした。

コースを外れたので、アコーディオンのBGMとともに坂を上ります。
「人生下り坂最高、取り消し」
くろきセンターを過ぎるとトラクターとすれ違います。
目の前にもトラクター、トウモロコシ畑がありました。
「今なの?」トウモロコシは夏だと思っていました。
「おっ下り坂です」快調に飛ばしています。
「菜園」がありました。無人野菜販売所です。
イチゴがありました。「やっぱりあったかいんだな」
人形が3体あるところに腰かけ、霞んでいる霧島連山が見えました。
こころ手紙のBGMと共に、いろいろな道を通り過ぎます。
田の中の一本道の直線を通っていき、右折するとトラクターで耕している方と手で挨拶を交わします。
左折して川内川沿いを走行。
Bカメが対岸から通り過ぎる一行をとらえます。
大きな道に出ると少し上り坂です。
おっと、地図を通り過ぎてしまったため戻って現在地を確認します。
もう亀の湯の目の前でした。
しばらくすると亀の湯がありました。バス停が目の前にあります。
覗くとコタツがありました。
しばらくすると女将さんが出てきてくれて説明してくれました。
「ここが自噴の湯」と中も案内してくれました。
懐かしい温泉場です。
ぬるいようです。
正平さんはお風呂に入ってしまいました。
「昔はずっとこうやってたですよ。その時は若いお姉ちゃん来たすよ」
「あ〜気持ちよか。あっお手紙読まないかん」
お風呂の中でお手紙を読みます。

読み終わると「ではまた来週」ブクブクと湯の中に沈んでいきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】生きのこ詰合せ「きのこづくし」約1.6kg
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/12/14時点)



パルム結婚相談所 〜 女性会員比率50%以上 〜
【関連する記事】
posted by 寒河江幹 at 07:01| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

無料でセレブ旅行に行く方法