無料でセレブ旅行に行く方法


2016年01月04日

火野正平とうちゃこ日記(236)BS日本縦断こころ旅 名シーン 第1位 シャタケ山

寒河江幹です。

1月2日 火野正平 とうちゃこ祭り「特別ライブ」の番組にて、名シーンベストテンが紹介されました。
第1位 2014年 春の旅 北海道 当麻町・旭川市 シャタケ山 でした。

【シャタケ山】当麻町・旭川市

私のこころの風景は、シャタケ山です。
60年前の小学校の頃、冬の行事としてスキー遠足がありました。
当麻小学校から4キロほど離れたシャタケ山まで歩いてスキーで滑ってくる遠足でした。
当時私はスキーを持っておらず、学友たちが楽しくスキー滑りをしているのを見ているだけでした。
マイナス20度近い厳寒の中動かずジーとしているだけでしたので、足の冷たさを通り越していたくなり自然に涙が出て悲惨でしたが、不思議とスキーがほしいとは思わない子でした。
私が生まれた時にはすでに父がなく、母一人で育ててくれた中私が嫁ぐときはたくさんの花嫁道具をそろえてくれたとても優しい母でした。
シャタケ山を見るとあの足の冷たさから母の温かさを感じられてやさしく心が癒される大切なこころの風景なのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旭川らーめん 蜂屋なま醤油味1人前 ミシュラン2012掲載店舗
価格:339円(税込、送料別) (2017/6/26時点)



比布(ぴっぷ)駅を出発。
低い家並みの街中を抜けると田園地帯の中に入りました。
牧草ロールがところどころ点在する青空の中を突っ走ります。
右折して舗装されていない道に入りました。
風が強く吹いています。
新緑がきれいです。
石狩川の橋を渡ります。
正平さんの目はうつろです。
やっと渡り切ったところはもう当麻町でした。
看板地図を見て小学校を探します。
道の反対側に地元の方がいました。
「シャタケ山知っていますか?」
「シャタケ?射的山はあっちです」
当麻小学校に着きました。
下校中の子供たちに訊いてもわかりません。
そこへ女の子が「たま〜に見ています」とやってきました。
するとその子のおばあちゃんに当たる方がいたので訊いてみました。
その方も「シャタケ」ではわかりませんでしたが、昔遠足で行った山というとわかりました。
正確には「射的山」で「シャタケ」となまったようでした。
「あの子かわいかったな」という言葉を残して教えられた道をすすみます。
途中、まっすぐ向かっているとどの山がシャタケ山か不安になりました。
そこへ先ほどの女の子を乗せた車がやってきて、この路の先にある小さい山がそうだと教えてくれました。
シャタケ山に着くと観光庭園になっており比較的多くの人がいました。
おばあさんとその子も待っていてくれました。
「おじちゃんと一緒に山登るか?」
おばあさんに聞きに行きます。
「うん」おばあちゃんもいいよと頷いています。
「名前は?」
「はつね」

(2017年6月22日放送の「蔵出しスペシャル」では以下の会話が挿入されました)
「はつねが案内してくれたんだから、おじちゃんたち(クルーのこと)何でも買ってくれるぞ。何がいい?
洋服か?靴か?バックか?水か?」
はつねちゃんはクスクス笑うのみです。

庭園の入口でお水を買ってあげました。
「ここ来たことある?」
「ない」
「トイレがないって、オシッコしとこ?」
「大丈夫」
「はつねは何年生?」
「3」
「スキーの遠足ないんだって?」
しばらく山を登ります。
カメラのアングルが下から二人をとらえると親子のようです。
「疲れた」はつねちゃんが根をあげました。
「おばあちゃんに甘えてばかりいるんやろ」
スタッフが休もうかというと、頑張ると云って足を止めませんでした。
頂上に着きました。
「ほら来た、こんな低いのに景色よか」
はつねちゃんは疲れて座ってしまいました。
「あれは小学校だろう」
頷くだけで「ああ疲れた」と返します。
正平さんは景色を見渡し、「あー線路走っている」と手紙の地図に書かれた線路を確認しています。
二人はベンチに並んで座って景色を見ています。
はつねはまだ呼吸を整えるために鼻の穴を大きく広げています。
「ヨーイドンとか苦手か?かけっことか?」
「かけっこダメなの」その一言で正平さんはピンときました。
「ゴメンゴメン」この子は心臓弁膜症のような病気なのだということを悟りました。
「はつねの家はどこ?」
「あっち」とその方向を指さします。
落ち着いてきたはつねちゃんは、景色を見て「田んぼが動いているから」と云いました。
「あれは“風の足跡”っていうんだ」
「こういう景色見たことなかった」
はつねちゃんも感動してくれて正平さんも安心したようです。

山を下りておばあさんに病気を知らず登ったことを詫び、再びお手紙のポイントに向かいました。
その場所は、シャタケ山が見えるたんぼのあぜ道でした。
草の上に座り再びお手紙を読みました。

*はつねちゃんとの会話のやり取りの空気感が反響を呼びベストテン第1位に選ばれました。
 誰しもがはつねちゃんにとってこの風景が後に「こころの風景」になること間違いなしと感じられる場面だったのです。

パルム結婚相談所 〜 女性会員比率50%以上 〜









【関連する記事】
posted by 寒河江幹 at 03:17| Comment(1) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱりこの旅がベストワンなのですね。納得です。火野さんの大きさにも触れられた気がしました。少女の口から自然とあふれ出るように「風が吹いてるから、田んぼがなんか動いてる」という言葉に、なぜだか涙腺が刺激されました。彼女にとっての心の風景がまた一つ追加された瞬間だなと思うと、何故だか自分の事のようにうれしかった。こんなにいい番組、なんで地上波でも放送しないんだろうか。それだけが不満です。
Posted by at 2017年08月16日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

無料でセレブ旅行に行く方法