無料でセレブ旅行に行く方法


2014年09月05日

NHKBSプレミアム にっぽん縦断こころ旅 サイクリンググッズ特集 

あの往年のプレイボーイ、火野正平さんが復活している。もう30年以上も前のことだから無罪放免なんだろう。本人も、NHKには何回か助けてもらったとも言っている。その彼は、にっぽん縦断こころ旅のメインで出て今年でもう4年目に突入している。投稿者の「心に残った風景」を毎回手紙で紹介し、そこを訪ねてあげるという番組だ。日本中をサイクリングで旅してまわる。そこで気になった彼のサイクリング車のお値段。まず自転車自体がロードレーサー用で、イタリアのフレームメーカー トマジーニ シンデシー16ER お値段32万円。フレームだけですよ。 ホイール カンパーニョ製 12万円 もうやめてほしいから、手ごろな折りたたみ自転車を探してみるとGRAPHS GR-333というクロスバイクを見つけた。



自転車を買うと、サイクリングに行きたくなる。火野さんもちゃんとカスクという小さく折りたためる簡易ヘルメットをかぶっている。そうだよなあ、自転車用のヘルメットが必要だよなと思う反面、昔小学生のころ
自転車通学の子供に強制的にかぶらされたあのダサいヘルメットを想像してしまった。



クロスバイクを購入するとなんか足りない。なるほど、好みに合わせてパーツは別売りなんだ。まず、泥羽用防止のため後輪にクロスバイク用のフェンダーを取り付けよう。



よしこれでそろったと思ったが、火野正平さんがかぶっている帽子が格好いいのだ。彼は毎回違った帽子だが、私も一つ欲しくなった。調べてみるとボヘミアンズという会社から出しているワッチキャップという代物だということがわかった。



あともう一つ、火野さんが格好いいなあと思うところがある。それは、番組の最初と最後、投稿者からのこころの風景の手紙を読むとき、そっと外す老眼鏡あれが格好いい。パカッと目の前で開閉して眼鏡を外すところなんか男でも格好いいなあと思ってしまう。あれがほしい。これも調べてみると、クリックリーダーという
アメリカでもセレブで人気のブランドから出している老眼鏡フレームらしい。レンズはサングラス用もあるのでそれにした。



火野正平はおしゃれだ。毎回服が違う。芸能人だから当たり前のように思うかもしれないが、旅番組なんだから荷物が大変なはずだ。マネージャーが持ってきているのだろうか?そんな疑問もあるが、今日気が付いたこともある。サイクリングには手袋が必要なのだ。指の第一関節が出ている。なるほどサイクリンググローブは夏冬はハーフフィンガーで秋冬は指が全部おさまるものになるのだ。

posted by 寒河江幹 at 19:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無料でセレブ旅行に行く方法