UA-41231015-5
無料でセレブ旅行に行く方法


2018年12月12日

火野正平とうちゃこ日記(807)2018年秋の旅 神奈川 横浜市 BS日本縦断こころ旅

寒河江幹です。

2018年秋の旅、796日目は横浜市です。
「おはようございます。今日から神奈川県です。久良岐公園という結構大きな公園。横浜にいるんだけど横浜かここ?」
「横浜感ないけど」(監督)「寒くなりました」ベンチに移動してお手紙を読みます。

【宮川の宮下橋の少し下流にある階段状の川岸】
横浜市

僕の、こころの風景は、京急の金沢文庫駅近くを流れる宮川の
宮下橋の少し下流にある階段状の川岸から眺めるハゼの群れです。
父親が転勤族で小学校二年生の時に奈良から、この町に引っ越しました。新しくできた友達と ここでハゼ取りをしました。
この川にはクサフグやボラ、時にはエイやスズキも上がってきました。
海のない奈良で過ごした僕には新鮮な体験をさせてくれた川です。
川に入って魚を取っていたら、足元のすぐ近くに黒鯛がいて、
とても驚いたこともあります。
その後、5年生で僕は、この町を離れましたが、宮川での水遊びや近くの海での水遊びの思い出は、僕にとっての大切な宝物です。
正平さん ぜひ行って僕の代わりにハゼを取ってきてください。




「ハゼ獲りに行くの?ハゼ獲ろうか、タモ持って。エイはわかるね。でも川の上からスズキとかタナカとかわからんで」
地図を広げます。
「今、久良岐公園にいます。金沢文庫がありました」青色で宮川がありました。
団地街を出発。雨が降りそうでいきなりレンズに水滴がつきます。
高台の団地街を走り「いきなり坂」坂を少し登っています。
下り坂に入り左折します。
「しばらく急な下り坂なので気を付けて行きましょう」(監督)
一戸建て住宅の中の坂を下ります。
Bカメが坂を下ってくる一行をとらえ、高架下をくぐって街場に出ていきます。
「食べても大丈夫ですけど」
京急杉田駅前商店街です。
結局ちょっと離れたインドダイニング「サティ」に行きます。
「僕はチキンカレーとコーラ」サフランライスが大盛で出てきました。
「おいしいおいしい」
唐辛子パウダーを入れます。「一味じゃないでしょ?」
「全然」辛くないようです。
ナンを少しもらいます。「やっぱりこっちの方がご飯より合うな」

何やらごみ収集車が作業している家が密集している住宅街です。
一車線のスクールゾーンです。
京急が通り過ぎました。線路沿いの道です。
子供たちの声がします。小学校脇のようです。
「わぁどこが自分の家だかわかんなくなるような家だな。たいしたもんだ」
10階建ての同じような団地が連なるところを通り過ぎながら言います。
「紅葉がみんな終わっちゃいましたね」(監督)
「次を右です」
広い交差点です。地図を見て現在地を確認します。
シーサイドラインの高架下を通ります。
「あー出た」海です。
チャリオを降りて一服。
どこかのドックでしょうか船が横たわっています。
養殖している様子があります。
シーサイドタウンにいます。
「左です」
10階建ての団地街を見上げて「この人たちみんな車持ってんだろーか?全然(駐車場が)足りないよね」
「バスに乗っているんじゃないですか?」(監督)
団地とも商業地区でも工業地帯でもない道を行くと
「あっ宮川だ」宮川に出ました。
川沿いを登っていきます。
京急電車基地につきあたり左折し踏切を渡ります。
横浜市立大学校門前を通りまた踏切を横切ります。
「川が出てこね〜」
金沢中学校を越えるとまた住宅街になりました。
「宮下橋を探しましょうか?」(監督)
「宮下橋をずっと探してんだよ」むっとした返答。
「あっこれ宮川橋だ」
「ちょっと待て」こやど橋があり次が宮下橋でした。
すぐ近くにお宮さんがります。「このお宮さんの宮下か」
チャリオを降りて階段状の場所を探します。
「あれか?」階段状の川岸がありました。とうちゃこ。
階段を下ります。
「ハゼ寄ってこーい」魚がいる気配がありません。
対岸から「正平さん?」と地元のおばさま。
「魚ここに来る?」
「来ます。サギがいっぱい(魚目当てに)来ます。ボラがいます」
「待っていれば来るかな?潮があげているよ」
階段を上りしばらく川沿いを歩いていると地元の御夫婦がいました。
「タイとかスズキとかいますよ」(ご婦人)
「タイは結構いるんですよ」ご主人が、スマホからタイの画像を探して見せてくれました。
「証拠はわかった」
階段下で再び川面を見ていると「いたいた」フグがいました。
階段に座って再びお手紙を読みます。

じゃね〜。正平さんが立ち去った後の川。
エイが悠々と泳いでいます。
あっクロダイもいました。

パルム結婚相談所 〜 女性会員比率50%以上 〜






posted by 寒河江幹 at 06:13| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする