無料でセレブ旅行に行く方法


2020年12月30日

火野正平とうちゃこ日記(50)2013年春の旅 長野県 長野市 野沢温泉村 東御市 南牧村 NHK BS日本縦断こころ旅


自転車h.jpg

寒河江幹です。
2013年春の旅、241日目〜244日目、長野県の旅です。

婚活をしたくてもなかなか始められないあなたへ手続きが簡単な結婚相談所naco-do


【茶臼山 恐竜公園】長野市

長野県5日目の旅のスタートは善光寺そばの城山公園。梅雨開けの抜けるような青空のもと、約17q先にある茶臼山の恐竜公園を目指します。途中、プールで遊ぶ保育園の子供たちに出会ったり。ひと休みしていたら熟れたプラムをごちそうになったり。手紙の主の息子さんが公園の開園日に退治しにいったという恐竜を見に、汗を垂らしながら進みました。たどり着いた公園は、様々な恐竜の模型が点在する不思議な空間。正平さんはトリケラトプスの背中に腰掛け、善光寺平をバックにお手紙を読みます・・・




昭和55年、家の隣に茶臼山恐竜公園が開園しました。
昭和52年の長男は当時はやっていたキャラクターの衣装を着て二丁拳銃を身に着けて開園式に出かけました。
開園の日には「恐竜を退治して地球を救うんだ」と言って出かけたそうです。
6時からのニュースでは家の子が開園式の主役で登場していました。
その息子が6月9日に結婚します。
地球を救うこともなく普通の大人になりました。

【野沢温泉村かんがら坂を上りきったところから見える風景】野沢温泉村

目的地は、「かんがら坂」と呼ばれる坂を上りきった場所から見える野沢温泉村の風景。お手紙をくださった小嶋日出子さんが高校の時に、毎日自転車で通ったという坂道。
スキー部だった小嶋さんがトレーニングを兼ねていた坂道と言うだけあって、正平さんもスタッフも目的地に到着するまでヘロヘロでしたが・・・。ようやくたどり着いた野沢温泉村は、清々しい風が吹き抜け、正平さんは「気持ちいい〜」。暑さも疲れも忘れてすっかり癒やされました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】D-2 あけび蔓細工「手提げ 松葉編み」
価格:54000円(税込、送料無料) (2020/12/30時点)




高校の3年間、雨の日と冬を除いて片道14qを自転車で通っていました。
スキー部のトレーニングを兼ねて帰りの上り坂も当たり前。
最後のがんがら坂を登りきると目の前に野沢温泉のごちゃっとした景色が広がり「アー野沢に帰ってきた!」と言う気持ちでいっぱいになりました。
その後就職で村外で暮らすことになり、野沢に帰るたびにそこからの景色を見ると帰ってきたという実感がわいたものです。
毛無山と水尾山の懐に家と家が寄り添うように集まった小さな村ですが、集落の下には棚田が広がりブナ畑の恵みを受け美味しい米が育っています。
ちなみに「かんがら」とは、田んぼの畔をつくる時に使う鍬のことで、その柄の角度のようにきつい坂と言うことです。

【一本のクルミの木】東御市(とうみし)

坂道の続く長野県2週目。この日は最大の難所となった長い急坂が待ち受けていました。榎さんのお手紙に書かれた高台にあるクルミの木を目指し、ひたすら自転車をこぐ正平さん。何度も足が止まります。そのたびに息を整え、またこぎ出します。平均斜度7%を超える2kmの坂道を乗り越えて、何とかたどり着いたクルミの木。正平さんの疲れをいやすように、久しぶりの夕日が顔を出してくれました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】オラホビール定期便(3回コース)
価格:30000円(税込、送料無料) (2020/12/30時点)




4年ほど前の6月、この木のことを知り車で数時間探してたどり着いたときには夕刻になっていました。
西の空が夕焼けで赤く染まりその中に浮き上がって佇む一本のクルミの木に生きることの強さと重量感を感じ、人生に行き詰まりを感じていた私にとってリセットの場になりました。

【獅子岩から見る八ヶ岳】南牧村(みなみまきむら)

長野最後の旅は、長野県と山梨県の県境近くにある「獅子岩」。正平さんと同い年の曽野恵子さんが山登りを始めるきっかけになった場所です。高原を走る小海線で標高1,073mの佐久広瀬駅へ。まずは2kmの急坂を上ります。高原野菜の畑を横目で見ながらJR最高地点駅(1,354.67m)の野辺山へ。そこからさらに走って獅子岩を目指しました。待ち構えていたのは展望台への1kmの上り坂。やっとたどり着いた獅子岩からは、雄大な八ヶ岳を一望することができました。さわやかな風に吹かれて、正平さんはお手紙を読み始めます。




JR最高地点駅の野辺山から宇宙電波観測所前を通って少し登ると獅子の形に見える岩があり展望台になっています。45年前に友人と初めて訪れたところです。眼下に広がる清里高原と八ヶ岳の姿は都会育ちの私たちにとって感動ものでした。
結婚後子育てが一段落したころ、主人とあちこちの山を登るようになりました。
去年の夏、娘や小学2年生の孫と一緒に獅子岩から飯盛山に登り久しぶりの山を満喫しました。
がんばって登った孫も機会があればばーちゃんと山に登ってくれるそうです。
正平さんと同い年の私、まだまだイケますよね?



posted by 寒河江幹 at 06:00| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする