UA-41231015-5
無料でセレブ旅行に行く方法


2021年01月06日

火野正平とうちゃこ日記(56)2012秋の旅 広島県 福山市 尾道市 こころ旅 蔵出しスペシャル


サイクリング.jpg

寒河江幹です。

2012年11月の秋の旅「蔵出しスペシャル」です。
蔵出しスペシャルは、お蔵入りになった場面を切り取ってお送りしています。

これは本当の話です。・・・入会金や成婚料が無料の結婚相談所があるんです。しかも、3ヶ月以内に出会いがなかっとときは全額返金保証付き結婚相談所naco-do


【瀬戸内に浮かぶ名もない小島】福山市

「広島県突入」の声から始まりました。
島々を見ながら「瀬戸内海に島はいくつあるのかな?」とつぶやきます。
名勝「鞆の浦」で休憩。
夫婦と思われるサイクリング愛好者と出会います。
ルートは2つあるが、どうもきついルートを選択する様子。
坂道の途中。出ました、イエローカード。
そこへ先ほどの夫婦が、余裕の表情で頂上から降りてきました。
「30q走ってこれですからね」というスタッフに、キミたちが決めたのでしょという風に「おかしいよ」とふてくされる正平さんでした。




私の住む備後鞆ノ津(ビンゴトモノツ)は、古くから潮待ちの港として栄えていました。
「崖の上のポニョ」の舞台になったり竜馬ゆかりの地として人気になった地でもあります。
数年前まで私はその小島の存在自体も知りませんでした。
脳梗塞を患った母親のリハビリを兼ねて、週1回郊外へ買い物へ行くようになりました。
鞆の町並みを逆に行き、スカイラインからグリーンラインに入って沼隈に抜けるルートを通りました。
そんなある日母親が急に車を止めてくれと言ったのがその小島を見下ろす地点だったのです。
それから買い物に行くたびに、その場で小島を眺めるのが常になりました。
春の芽吹き、夏の新緑、秋の紅葉、冬の落葉と言った四季折々の変化を楽しみ、つぎの季節まで頑張って生きようなというのが私と母親の暗黙の目標となっていたような気がします。

【尾道 向島 高見山の夕焼け】尾道市

今回はもっぱら、美人ドライバーに焦点を当てました。
尾道から渡船に乗るとすぐ出航。対岸に到着すると正平さんのナンパからスタートします。
「高見山まで行くの大変だよね」ということでヒッチハイクに成功。
車内での会話です。
「えらいのにつかまっちゃったと思うとる?」
「旦那にナンパされた言うときや」
「カメラ回しているのめんどくさいんですけど」
車降りてから「旦那には内緒だぞ、二人の秘め事にしておこう」




私は5年前東京から一人28歳でIターンしました。
看護師として救急病院の外科病棟であわただしい日々を過ごしましたが、もっとゆっくりした生活を送るため尾道へ引っ越しました。
尾道は一人旅で何度も訪れたところです。
引っ越しの日、向島に借りたアパートに車が届くと島内をドライブ。
その時向かったのが島で一番高い山の高見山でした。
ちょうど日が沈むところで、島々と海が夕焼けに染まりとても美しい景色でした。
新生活への期待と不安、ちょうどラジオから「遠い世界に」が流れてきました。
尾道で楽しい日々を過ごし、尾道の男性と出会って結婚。
昨年は男児を出産しました。



posted by 寒河江幹 at 00:00| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする