UA-41231015-5
無料でセレブ旅行に行く方法


2021年01月10日

火野正平とうちゃこ日記(60)2015年春の旅 神奈川 横浜市南区 BS日本縦断こころ旅

サイクリング.jpg

寒河江幹です。

新幹線が通り抜ける音からスタートです。
西谷駅を見下ろせる丘で、お手紙を読みます。
お手紙の主は、64歳の同い年。
読み終えてからなぜか「没」という正平さんでした。

これは本当の話です。・・・入会金や成婚料が無料の結婚相談所があるんです。しかも、3ヶ月以内に出会いがなかっとときは全額返金保証付き結婚相談所naco-do


【稲荷坂】横浜市南区

私は横浜でも下町の睦町一丁目出身です。
当時は軟式野球が盛んで、遊んだあとこの稲荷坂をよく上りました。
国道16号線中村橋の交差点を左折し、掘割川に架かる橋を渡ったところから坂が始まります。
坂の頂上は日本であって日本でない米軍住宅がありました。
子供ながらにも芝生が広がる戸建ての住宅に感じるものがありました。
少し下の小さなスペースで、青い目をしたかわいい姉妹が遊んでいて挨拶するのが楽しみでした。




西谷駅を見下ろせる丘をスタート。坂を下ると、上ってくる小学生の列。
課外授業でしょうか?小学生は正平さんのことなど眼中にありません。
やっと最後の引率の先生が「やだ〜こんなところで」と気づきました。

住宅街を走ります。車も通れない狭い道です。
フキが生い茂った場所を通ります。
鋭角に曲がります。
「ここのところ何時の方向って言わないね?」とスタッフに疑問をぶつけます。
それ以降は、スタッフも何時の方向と言うようになりました。

街中を走っています。お弁当を持ったいかにも新入社員が交差点を渡ります。
お昼にします。
ちょっと小さいけれどこじゃれたレストラン「SKYLOVE」
ポークソテーを注文。パイナップルがのっていました。
それに大喜びの正平さん。
こうやって食べるとうまいのよと食べ方を教えてくれました。

坂です。上っています。BGMが止まりました。
正平さんもGive UPです。
「横浜嫌い。昔いい子いたんだけどなぁ〜」などとわけのわからないことを言い出す始末です。

ある交差点で信号待ちしていた時、「綱島に来ていたね」と声をかけるおじいさん夫婦。
どうも教習所関係の人で、40年前正平さんは綱島の教習所に通っていたようです。
歩道橋でJR東海道線を渡り、横浜を見渡しランドマークタワーを見つけました。
歩道橋を降りるとき「わぁー朝も夜も見ています」とファンの奥さまと握手。
道に出ていた人が「わぁ〜火野正平さんや、かっこいい」「ここにいてよかった」「頑張ってください」と声をかける人。
ついには火野正平さんが通り過ぎてから気づきしばらく追いかけるおばさま。
「意外と横浜の人見てくれているんだなぁ」とポツリ。

元久保町3丁目付近で休憩。
今日はニッカボッカースタイルでふくらはぎはゲートルのように巻いています。
どこかの職人のようです。
墓参道入り口を歩いて入ります。
おびただしい墓石が広がっています。
その先に、ランドマークタワーをはじめとした横浜のビル群が見えるのです。

睦橋ー睦町ー中村橋 と進みとうとう稲荷坂につきました。
長い坂です。途中でダウン。
気を取り直して進むと頂上にゲートがありました。
「誰か友達いないかなぁ」中に入りたいようです。
静かで誰もいないような感じでした。
横浜が見下ろせるところで再びお手紙を読みます。

「高台で風通しがいいわぁ」



posted by 寒河江幹 at 06:00| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする