UA-41231015-5
無料でセレブ旅行に行く方法


2021年01月19日

火野正平とうちゃこ日記(69)2015春の旅 埼玉県 月曜版 NHK BS日本縦断こころ旅


サイクリング.jpg

寒河江幹です。

月曜日の朝版は、埼玉県の訪ねられなかったこころの風景です。

朗報です。・・・女性のための婚活&在宅・副業ワークを紹介します。あなたも、ZOOMを使ったオンラインでのアテンダントをしてみませんか?

【下吉妻 江戸川の土手の上から見た田んぼ】春日部市

休みの日は夫と一緒に江戸川の土手に座って田んぼの風景をボーと見ています。
それが私のストレス解消法なのです。夫も何も言わず、日が暮れるまで付き合ってくれています。
やさしく通る春の風、草をなぎ倒す冬の風、四季折々の風景を感じながら、この人とより添って生きていくんだなぁ、そんな穏やかな気持ちにさせてくれるお気に入りの場所です。




【荒川の御成橋から見た富士山の夕日】鴻巣市

会社が倒産して、次の会社もなかなか決まらず自暴自棄になっていたころ、やっと入った配送の仕事で荒川の御成橋を通りました。
目の前にどこまでも続く橋が見え、その向うの山々。そして、夕日に輝く富士山がやさしく迎えてくれ、もしかしたら俺大丈夫かも、もう一度頑張ってみようと感じた瞬間です。
今日も安全運転で、東北〜関西地方を走っています。




【水城公園 忍池に架かる橋の上】行田市

水城公園の忍池にかかる橋の上から、エサをやると集まってくる魚やアヒルを見るのが好きでした。
ある日、何匹もアヒルが集まってしまい、怖くなって泣いてしまいました。
祖父は私をおんぶしてくれ、大丈夫大丈夫と助けてくれました。
祖父はアヒルに足をかまれていました。
そんな優しい祖父は、エイプリルフールの日に旅立ってしまいました。




【巾着田】日高市

母の郷里の巾着田です。
高麗川で泳いだり巾着田でカエルやエビをとったりしていました。
ある時足を滑らせて田の中にドボン。泥だらけになってしまいました。
トボトボうちに帰ると、次の瞬間大きな雷が落ちました。
母は近くの洋品店で服を買ってくれました。
そんな母が「なぜ巾着田というか知っているか?」と聞いてきました。
高麗川によって丸く囲まれたその風景が、巾着に見えるからだそうです。











posted by 寒河江幹 at 07:00| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする