無料でセレブ旅行に行く方法


2020年11月27日

火野正平とうちゃこ日記(22)2013年春の旅  兵庫 NHK BS日本縦断こころ旅

自転車h.jpg

寒河江幹です。

2013年春の旅、兵庫県の旅です。

結婚相談所に入会した経験があり結婚相談所を立ち上げて失敗した私がおすすめする結婚相談所naco-do


【男山配水池公園】姫路市

兵庫県初日の旅は、姫路から。今回は、姫路市にお住まいの都藤保治さんのこころの風景「男山配水池公園」に向かいました。
姫路城の近くにあるという男山、その頂上が男山配水池公園です。朝、姫路港でお手紙を読んだ正平さんは、お城まで続く船場川沿いを通っておよそ10キロの道のりをゆったり、のんびりと旅をしました。最後は急な石段を登ってたどりついた男山配水池公園。巨大な姫路城の向こうに城下町がのどかに広がっていました。




【山の上の観音堂】赤穂市

今日のスタートは姫路城。お手紙に書かれた坂越にある「山の上の観音堂」を目指します。
正平さんが初めて目にする地名「坂越」・・・地図をたどって「坂越」港を見つけ、とりあえず坂越の駅へ。地元の方に観音堂の場所を尋ねます。昔の風情を残す町並みを抜けて観音堂への入り口を発見。急な坂道を登ってたどり着いた観音堂からは、入江を一望する穏やかな風景が広がっていました。「いいところに連れてきてもらった」と、正平さんがポツリ。




【別宮の大桂】養父市

兵庫県養父(やぶ)市*2004年4月1日、養父郡八鹿町、養父町、大屋町、関宮町の4町が合併して発足した。
JR姫路駅から特急列車に乗って八鹿(ようか)駅まで輪行、そこから約28km先にある西谷さんの「こころの風景」別宮(べっく)の大桂を目指します。雨に打たれ、上り坂に苦しみながら山間へ。いよいよ残り6〜7kmの山登りに突入と思いきや、全員一致でバスを選択。バスで上った別宮の集落からチャリオで最後の坂を越えると、靄にかすむ山里の風景が・・・。出迎えてくれた大桂の前でひと息つく正平さん。やがて少しずつ靄が晴れ、目の前に棚田の重なりが広がるのでした




【多田神社の前に架かる朱色の橋】川西市

北浦京子さんの「こころの風景」は川西市の多田神社の前に架かる朱色の橋です。幼いころ川沿いの家に住んでいた北浦さんにとって、川にかかる朱色の橋の対岸は「行く事の出来ない憧れの世界」でした。その後、対岸の宝塚市へ引っ越したのですが、何故か朱色の橋を渡った記憶はないそうです。この日は前日の雨から一転して晴天。まずは和田山から高速バスで西宮北ICまで行き、そこから約40キロメートルのルートで多田神社を目指します。春の気持ちよさで正平さんの気分も上々、鼻歌に夢中で昼食どころを通り過ぎてしまうハプニングがありました。




posted by 寒河江幹 at 05:08| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: