無料でセレブ旅行に行く方法


2024年06月09日

火野正平とうちゃこ日記(696)2018年春の旅 佐賀 白石町 BS日本縦断こころ旅

白石町.jpg

寒河江幹です。

2018年春の旅、727日目は白石町です。
「あ〜は〜?おはよーすごい景色のいいところなんです。遠くの海が有明海」
正平さん黒いマントのようなのを羽織って丘(歌垣公園)に立ち下(白石平野)を見下ろしています。
「パッチワークになってるの見える?薄いのが麦で濃いのが玉ねぎだそうです」
「昨日は大雨で今日はちょっと寒いです。沖縄はあったかかったなぁ」
さあ、お手紙を読もうと読むところを探し振り向くと長い長い滑り台。
「滑り台で降りながら読むってことないだろうね?」
普通に座ってお手紙を読みます。

👇 ちょっとブレイク ⇒ 林家ぺー余談ですけど

【荷揚げ桟橋】白石町

 私のこころの風景は佐賀県白石町大字八平(はちへい)にある「荷揚げ桟橋」です。
十数年前、会社を早期退職し自由人になった私は、玉ネギ収穫手伝いにデビューしました。
広くて長〜い田んぼで屈み込んでの作業は大いに手応えありでした。

数年通ったある日、田んぼから遠くに見える延々と続く干拓堤防に切れ目がある事に気づきました。
何か胸がわくわくして「あそこへは行っていいんですか?」と尋ねましたら「いいけど何も無いですよ」との答え。
次の日、いつもは戴くお昼を弁当持参に変えて昼休みになるのも もどかしく車を飛ばしました。
堤防の切れ目から海に向かってせり出した時の気持ち!
何年経っても まだ新鮮に感じます。

本当に何も無い!木も草も・・・しかし海に突き出た桟橋の前、広〜い有明海、向いに島原半島の普賢岳、左右に延びる堤防、潮の流れ、不思議な匂い、昼時に急ぐ漁船、漁船が立てた波のうねりが桟橋に当たって砕ける小さな音。
山生まれ、山育ち、山辺の町で暮らす私には十分すぎるご馳走でした。

何度も訪れるうちには 釣人に、工事関係者に 不明の軽トラに、バイクでパトロールのおまわりさんに会えました。

正平さん もし訪ねてくださるなら その頃は玉ネギ収穫の真っ盛り。おいしい?匂いの中、少し辛い作業に頑張っている皆さんに元気な声をかけてください!待ってまぁ〜す!




正平さん地図を広げ、犬山岳を探します。海の方にたどり八平、ありました。
ふと顔をあげて
「荷揚げ桟橋ってあそこだべ。ここは高い、降りる、(坂はない)ご褒美ですか?」
「ご褒美です」
「ボーナスステージです」
地図上で標高が低いので
「真っ白け、白石というくらいだから」
八平めざして出発。
今日も下り坂スタートです。
坂を下りる一行をBカメが高い位置でとらえます。
山裾に沿って家々が連なり、道路を挟んで平野側には佐賀特有のクリークが遠くまで伸びています。
水田を過ぎると玉ねぎ畑。
「紅い玉ねぎ見たことある?」
そこで正平さんあることに気づきました。
「白(の玉ねぎ)は寝てるのに、アカの玉ねぎは立ってるのどうして?」
「根性の問題?」
「(白の玉ねぎが寝てるのは)種になるって見たことあったで」
空は曇り空、踏切を越えて大きな道路に出ると昼食です。
「久しぶりにお好み焼き喰いたいわ」
「賛成です」(監督)
お好み焼き「山ちゃん」
店内に入ると窓側に女性二人がいました。
「イカ・エビ・豚&焼きそば頼んでハーフ&ハーフにしよう」
そこで女性に話しかけます。
「何頼んだ?」
二人とも焼きそばだそうです。
「(俺たちのように)分ければいいのに」
お好み焼きが来ました。
「おすそ分けでーす」
正平さんお好み焼きをとりわけ女性に差し入れます。
「ちょうどいい」
おいしいようできれいに食べきると
「お好みもうちょっと食いたかったなぁ」
「返して」
「なんかそう言われるような気がしていました」
食事がすんで店の外でその女性二人と記念撮影。

再び出発。
麦畑を過ぎ玉ねぎ畑に入ると作業する女性が一人。
その方を横目に先を急ぐとなんか塔があります。
「あれ越えたら海が見える気がするな」
八平にはいりました。
牛小屋です
「あ〜お手紙の匂いってこれだな」
堤防を越えると確かに途切れたところが見えました。
チャリオを止め
「あれか〜」
「玉ねぎで働いていてあそこ途切れてんな〜あそこいきたいなぁ〜(と思うのは)ちょっとおかしいんちゃう?」
「このお手紙の人の考え方ポジティブだよな。好きだなその考え」
ショベルカーが2台稼働しています。
初めて聴くピアノのBGMが流れ一行は堤防に向かいます。
「もう少しだあそこあいているぞ」
そのあいているところへチャリオごと入りました。
「あら桟橋」
「ねぇ〜奥にムツゴロウいるよ」
「まずとうちゃこ言わなきゃ」
とうちゃこ
「干潟になっていてよかった、あの遠くにポンポン動いているの見える?ムツゴロウですよ」
カメラはZOOMを利かせムツゴロウをアップにします。
「かわいいね」
桟橋の階段に座って再びお手紙を読みます。

「来たよ〜何もなくなかった。ムツゴロウいた。和代さん、表現ちょっとおもろいな」








👇 chatGPTでアフィリエイト🔰月々5万円の副収入

16時間空腹ダイエット始めてみませんか?毎朝5:40〜15分「腸活ダイエット」の腸活マッサージ(チネイザン)を行っています。良い習慣を身につけましょう!




posted by 寒河江幹 at 00:00| Comment(0) | こころ旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: